学会の信仰は釈迦仏法!?

  創価学会は、9月24日、教学部初級試験・青年部教学試験3級 を全国で実施した。
 この試験では、当然、重要な事柄について出題されるが、このところの釈迦本仏を立てる学会教学らしく、釈尊についての出題が相次いだ。






釈迦仏法を教える創価学会

以下、初級試験問題から

【問三】

法華経迹門の中心となる教えは、「 21 」と 「二乗作仏」です。「21」 に入る正しい言葉を、ア~ウから選びなさい。

ア、諸法実相  イ、方便現涅槃   ウ、娑婆即寂光

「久遠実成」とは、釈尊が今世て初めて成仏したというこれまでの考えを打ち破って、「 22 」という、はるか久遠の昔の成仏を明かした法理です。

ア、始成正覚   イ、三千塵点劫   ウ、五百塵点劫



【問五】

● 釈尊についての正しい説明を、ア・イから選びなさい。

ア、仏教の教えの中核は、釈尊が目覚めた「法」 である

イ、仏教の根本は釈尊であり、全ての人は釈尊の仏像を礼拝すべきである



初級試験でも、釈迦が悟った法であることを教える創価教学





書籍紹介ほか

学会情報を読む

  • 「黒い手帖」裁判全記録

    AAA社画像

  • 司法に断罪された創価学会

    AAA社画像

    学会員には知らされない、司法で断罪された事例の数々。

  • パナマ文書に
    SOKA GAKKAI, INC.

    宗教法人が租税回避地に謎の法人設立?

  • 公明大臣が核兵器利用容認

    安倍内閣は
    「憲法9条は一切の核兵器の保有および使用を禁止しているわけではない」
    と核兵器容認を決定した!

このページの先頭へ