大御本尊信仰を利用した創価学会

 創価学会は、平成3年11月の破門後も〝大御本尊信仰であることを、池田名誉会長をはじめとした幹部らは指導してきた。
 しかし、それらがすべてウソであったことが、平成26年11月の「大御本尊を受持しない」との発表で明白となった。

 では、破門後、どのように会員へ指導してきたかを検証してみよう。


脱会者を防ぐための狡猾な騙し!!
会員を欺いてきた創価学会


池田氏は、破門後、徐々に「大御本尊根本」の指導を減らしいる!


ダミー画像

(平成3年12月8日 第49回本部幹部会)
学会の「信心」こそが「一閻浮提総与の大御本尊」に深く通じ、大功徳を頂戴してきた。その「信心」あるかぎり、だれ人も大御本尊と私どもの間を”切る”ことなど、できるはずがない。(拍手)


ダミー画像

(平成3年12月8日 第49回本部幹部会)
皆さまに、大御本尊の加護は絶対と確信していただきたい。



ダミー画像

(平成3年12月26日 沼津文化会館を初訪問)
大御本尊は「一閻浮提総与」の御本尊であられる。全世界の民衆のために与えられた御本尊であられる。ゆえに「全世界への道」を開きに開いていくことが、大御本尊を真に奉じゆく実践となる。


ダミー画像

(平成3年12月26日 沼津文化会館を初訪問)
大御本尊への「信心の大道」を、世界に開いた功徳は大きい。「信心」さえあれば、世界のどこにいても、大御本尊に通じていくからである。(拍手)


ダミー画像

(平成4年2月21日 香港・九州合同代表者会)
目を開じて深く考うれば、大御本尊が明らかに見え、わが心の御本尊が、そこにいよいよ力を増し、光を増してくるのであります


ダミー画像

(平成4年2月27日 第51回本部幹部会)
「信心」がなければ、どんなに大御本尊のおそばにいるといっても、「無益」である。「信心」があれば、どんなに大御本尊と離れていても、功徳は無量無辺である。



ダミー画像

(平成4年2月27日 第51回本部幹部会)
世界のいずこの場所であれ、私どもの題目は、即座に大御本尊に通じていく。



ダミー画像

(平成4年2月27日 第51回本部幹部会)
強く、純真な「信心」の一念が、そのまま大御本尊に納まり、偉大なる功徳と福運が、わが身に備わるのである。



ダミー画像

(平成4年5月20日 第54回本部幹部会)
特に偲ばれることは戸田会長先生の指導の正しかったことであります。
先生は大御本尊を信ずること極めて強く、しかも厳格に守護し奉るという念慮に徹せられ
、むしろきびし過ぎるとまで感ぜしめる程でありました。



ダミー画像

(平成4年10月24日 関西最高会議)
戒壇の大御本尊様を護持し、そして折伏をしておるのは学会であります。



ダミー画像

(平成5年9月16日 アメリカSGI最高会議)
大聖人の出世の本懐である一閻浮提総与の大御本尊が信心の根本であることは、これからも少しも変わらない。



ダミー画像

(平成5年9月16日 アメリカSGI最高会議)
各家庭の仏壇に御安置した御本尊は、「大聖人の御魂であり、御本仏の当体である」と拝すべきなのである。そう信じて唱題するとき、そのまま、その場所で、大御本尊を拝していることになる。



ダミー画像

(平成5年11月7日 「魂の独立記念日」祝賀の最高協議会)
日寛上人は「本門戒壇の本尊は応にこれ総体の本尊なるべし。これ則ち一閻浮提の一切衆生の本尊なるが故なり」(「観心本尊抄文段」文段集五〇二ページ)――本門戒壇の本尊は、まさに総体の本尊なのである。すなわち、一閻浮提の一切衆生の本尊だからである――と教えられている。
大御本尊は、全人類に与えられた御本尊なのである。



ダミー画像

(平成5年11月7日 「魂の独立記念日」祝賀の最高協議会)
一閻浮提総与の大御本尊が、信仰の根本であることは、少しも変わりはない。



ダミー画像

(平成5年11月21日 広布四十周年記念中部祝賀大総会)
戒壇の大御本尊を直接、拝さないと信心がないとか、成仏できないかのように言う人間がいる。もちろん、いうまでもない邪論であり、暴論である。各家庭の御本尊は、大御本尊と一体の、分身散体の御本尊であられる。功徳もまったく同じである。



ダミー画像

(平成5年11月21日 広布四十周年記念中部祝賀大総会)
大石寺に来なければ信心がない、などと主張するのは、大聖人の御言葉と正反対であり、御本仏即大御本尊への敵対である。



ダミー画像

(平成5年11月21日 広布四十周年記念中部祝賀大総会)
「信心」があれば、全部、御本仏に通じていく。大御本尊に通じていく。



ダミー画像

(平成6年2月17日 沖縄最高会議)
この広大なる福運は、三大秘法の大本尊に具有せらるるのであって、吾人の信力・行力が、深大であればあるほど、大御本尊の法力・仏力も深大にあらわれるのである。





平成5年首脳幹部座談会では
〝学会は大御本尊根本〟と!


高橋婦人部書記長
 みっともないですね。最近の宗門が言っているのも〝学会は大御本尊と決別した〟とか、こじつけばかりです。


秋谷会長
 本当に冗談じゃない。そんなこと我々は一言も言っていない(笑い)。
 我々が決別したのは大御本尊ではなく〝ニセ法主〟日顕だ。我々はますます大聖人直結、大御本尊根本の信心で進んでいる。







謝罪をしない創価学会
こんな学会にあなたは、まだついていきますか?



書籍紹介ほか

学会情報を読む

  • 「黒い手帖」裁判全記録

    AAA社画像

  • 司法に断罪された創価学会

    AAA社画像

    学会員には知らされない、司法で断罪された事例の数々。

  • パナマ文書に
    SOKA GAKKAI, INC.

    宗教法人が租税回避地に謎の法人設立?

  • 公明大臣が核兵器利用容認

    安倍内閣は
    「憲法9条は一切の核兵器の保有および使用を禁止しているわけではない」
    と核兵器容認を決定した!

このページの先頭へ