教義改変補足 ~出世の本懐について~

 原田創価学会は、聖教新聞2014.29付で「出世の本懐」の意義を、弘安2年の大護本尊建立から、三大秘法にすり替えました。


出世の本懐についても異議をとなえる原田創価学会

====1/29付 聖教新聞から引用====

「出世の本懐」について
 これまで、創価学会は、日蓮正宗の解釈に基づき、「弘安2年の御本尊」を日蓮大聖人の出世の本懐としてきた。その根拠は、「聖人御難事」の「余は二十七年なり」( 同1189㌻)の一節であった。しかしながら、この両者を結びつける解釈は、古い文献にはなく、あらためて「聖人御難事」そのものを拝して、大聖人が教示されている出世の本懐の意味について考察しておきたい。


------◇-----◇------◇------

「大聖人の御生涯における出世の本懐とは、三大秘法をもって、末法万年の民衆救済の道を完成したことである。」

「本抄に「二十七年」と強調されているのは、大聖人が立宗以来、三大秘法の仏法を弘通することによって生じた大難の中、27年目にして、三大秘法を受持し、不惜の信仰を貫く農民信徒が出現したことを鮮明にするためであると拝される。」

「その意味で、「出世の本懐」の本義は、大聖人の御生涯において、末法万年の一切衆生の救済のために三大秘法を確立されたこと、それとともに、立宗以来27年目に、熱原の法難において、農民信徒たちが大難に負けない不惜身命の信仰を示したことによって証明された民衆仏法の確立である。  大聖人が、「弘安2年の御本尊」を御図顕されたことも、この三大秘法の確立と民衆仏法の確立という意義の中に含まれるものと考える。」

------◇-----◇------◇------
====引用終わり====

-

■出世の本懐について過去の学会指導


戸田会長指導

弘安二年の御本尊は、本門戒壇の大御本尊と申し上げ、日蓮大聖人が出世の御本懐として、弘安二年十月十二日に御図顕になられたのであります。聖人御難事に、建長五年より、余は二十七年にして出世の本懐を遂げるとおおせあそばされています。(『戸田城聖全集』第二巻)

大聖人出世の本懐たる弘安二年十月十二日の一閻浮提総与の御本尊を信じない以上、大聖人を信じていることにはならない。(『戸田城聖全集』第六巻)

末法の法華経とは、いうまでもなく、日蓮大聖人出世の御本懐たる三大秘法の南無妙法蓮幸経であり、その実体は、大聖人の極説中の極説である、弘安二年十月十二日ご出現の一閻浮提総与の大曼荼羅である。(『巻頭言集』戸田城聖)

日蓮大聖人は弘安二年十月十二日、出世の本懐たる大曼茶羅を根本として、生命問題を解決しておられる。(『戸田城聖先生論文集』)

大聖人出世の本懐たる、富士大石寺戒壇の大御本尊に南無せよ、帰入せよ、帰命せよとおおせられたのであります。(『戸田城聖先生論文集』)  

三大秘法の南無妙法蓮華経とは、弘安二年十月十二日御図顕の一閻浮提総与の大曼荼羅のことである。(『戸田城聖全集』第5巻)


池田名誉会長指導

大聖人様の出世の御本懐は一閻浮提総与の大御本尊様、すなわち三大秘法の大御本尊様の御建立にあります(『会長講演集』第三巻)

日蓮大聖人が出世の本懐として建立された一閻浮提総与の大御本尊が三大秘法総在の御本尊であり、この御本尊に帰命すること、その信仰を全世界に広宣流布することが立正安国の実践となるのである(『立正安国論講義』)


【出世の本懐】

仏教哲学大辞典 第三版(創価学会 2000年発行)
 日蓮大聖人の出世の本懐は一閻浮提総与の大御本尊の御建立であり、弘安ニ年(一ニ七九年)十月十ニ日に成就された。建長五年(一二五三年)四月二十八日の立宗から二十七年目である。日蓮大聖人が建立された大御本尊こそ事の一念三千の当体であり、御本仏、日蓮大聖人の御生命そのものであり、大聖人の身にあたる大事なのである。


デタラメな教義に陥った原田創価学会!  
あなたはまだ、この教団を信じますか?




書籍紹介ほか

学会情報を読む

  • 「黒い手帖」裁判全記録

    AAA社画像

  • 司法に断罪された創価学会

    AAA社画像

    学会員には知らされない、司法で断罪された事例の数々。

  • パナマ文書に
    SOKA GAKKAI, INC.

    宗教法人が租税回避地に謎の法人設立?

  • 公明大臣が核兵器利用容認

    安倍内閣は
    「憲法9条は一切の核兵器の保有および使用を禁止しているわけではない」
    と核兵器容認を決定した!

このページの先頭へ