学会がいう法主詐称について



学会がでっち上げる〝ニセ法主〟〝法主詐称〟


学会が主張する「法主詐称」のネタ元

昭和55年11月20日号
山崎正友氏『週刊文春』で法主の不相承記事掲載。
正信会は「法主自身が資格がなければ、処分は無効になる」と考え、山崎氏をそそのかし「相承の儀式がないのだから、血脈相承がないのだ」と手記を掲載。



後年、正信会幹部が覆す証言!

「私は、日達上人が阿部さん(日顕上人)に『後を頼む』と言ったと思う。だとしたら、相承(があった)ということだろう。
 「お側で聞いたわけではないが、(日達上人が)千葉の在家の前で『この次はこの阿部(日顕上人)にさせるんだ』とおっしゃったことだってあった。

(法華講有志と正信会新旧幹部での証言)  さらに詳しく→

日達上人 日顕上人に譲ることを身内に話す

昭和49年、日顕上人の母・妙修尼を見舞われた際、
「あなたの息子さんに後をやってもらうですからね、早く良くなってくださいよ」と仰せられる。  大石寺に戻られた日達上人は、大石寺理事のお一人に「妙修尼に『あなたの息子さんに後を譲るから安心しなさい』と言って励ましたよ」と仰せられる。  
昭和53年4月、日達上人は身内の僧侶方に対し、次は日顕上人に後を譲る旨のお話をされる。





破門前、相承を認めていた学会

池田大作指導
法灯連綿と七百三十年のあいだ、厳護されてきた法水は、御当代御法主上人猊下に受け継がれておられる。御法主上人の御説法を拝しながら正しく邁進しゆくことが大切なのである」(『広布と人生を語る』)





「相承する時間はなかった」
「日達法主の急逝に乗じて、ウソ謀略で67世・法主の座を乗っ取った日顕は、〝昭和53年4月15日に本山で相承を受けた〟と主張する。」
(『民衆勝利の凱歌』創価学会青年部編 2011.10.2発行)


検証!!

「相承する時間は無かった」とする創価学会の憶測は破綻

●創価学会の主張するスケジュール

午前0時 大客殿で丑寅勤行の導師務める
6:30 起床 御影堂に徒歩で移動
7時  御影堂で日目上人法要の導師
8時  大坊で、本山住職から誕生日祝い受ける
9:30  大奥で3人の僧侶とお目通り
10時  原田篤道が結婚挨拶に来る
11時  文京区の出張所に移動。本山出発
午後6時  都内ホテルで誕生祝い
9時  文京区の出張所で就寝



日達上人のご長男は、正信会問題の折り、昭和53年4月15日、相承が行われたことを「報告書」として裁判所へ提出。
 それによれば、日達上人が総本山での用事を終えられて東京へ御出発されたのは「午後3時過ぎ」であり、創価学会がいう「午前11時には東京に向かっている」との主張とは、4時間の食い違いがある。
(引用 『続・創価学会のいうことはこんなに間違っている』日蓮正宗法義研鑽委員会)



※学会が主張する「11時に出発」説は、正信会が述べた疑義であり、全く根拠のない言い分を学会は流用した。


参考までに


学会の主張 血脈相承は邪義

「日顕宗では、法主から次の法主へと伝わる「唯受一人」の「血脈相承」が根本、と主張する。しかしこれは、仏法とは無縁のまったくの邪義。」
(『民衆勝利の凱歌』創価学会青年部編 2011.10.2発行)


「相承は必要ない」としながら、宗門の相承を否定することはただの難癖!



●甚だしい自語相違
相伝がない所に仏法は存在しないし、相伝がない本尊を拝めば、功徳がないばかりか、正法にそくむ謗法である」
(大白蓮華・相承の重要性について 秋谷栄之助論文 1953.5)



書籍紹介ほか

学会情報を読む

  • 「黒い手帖」裁判全記録

    AAA社画像

  • 司法に断罪された創価学会

    AAA社画像

    学会員には知らされない、司法で断罪された事例の数々。

  • パナマ文書に
    SOKA GAKKAI, INC.

    宗教法人が租税回避地に謎の法人設立?

  • 公明大臣が核兵器利用容認

    安倍内閣は
    「憲法9条は一切の核兵器の保有および使用を禁止しているわけではない」
    と核兵器容認を決定した!

このページの先頭へ