池田思想と大聖人の仏法

 この数年、創価学会は内部からも〝池田教と言われても仕方がない〟と口にする会員が増加している。聖教新聞を見ても、大聖人の教義を掲載することは少なく、池田宣揚記事をトップとして掲載すること久しい。とみに、最近では「池田思想」なる見出しが頻繁に登場する傾向が強くなっている。
 学会は、日蓮正宗の教義を守ってきた時代から、「創価仏法」を使いはじめ、さらに池田崇拝を鮮明にするため、「池田思想」を推し進めている。これは宗教団体としての独自性を狙ったものか、はたまた、池田の名を世界に広めるためであろうか。池田が元気でいれば、「そんな恥をさらすことはするな!」と幹部を叱り飛ばすのではなかろうか。
 学会執行部は「池田思想の実践こそが最高の幸福境涯を得られる」と言いたいのかも知れないが、宗教ではない「池田思想」を中心とするのなら、財団法人にでもするべきである。
 いずれにしても、
池田思想をいくら実践したところで成仏はしない、何とも本末転倒の話である。
 そんな中、正宗僧侶から池田信者に脱落した松岡幹夫が「日蓮仏法と池田大作の思想」という本を出しているので、それらを参考に池田思想とは如何なるものかを見てみましょう。




 松岡は、「私は、自分なりに池田会長の思想を探求してきた。その結果、垣間見ただけでも、
池田思想の深さははかりしれなかった。突き抜けすぎて平凡に見えるほどである。」
と池田を持ち上げているのだが、
「池田思想」は体系化されるほどの内容もなく、オリジナリティもないものであることがハッキリするだけということが、この本で実感するだけであった。


ダミー画像

松岡は池田思想の特徴として

1.生命の復権
2.自由自在の主体性
3.すべてを生かす
4.変化の信仰
5.智慧に生きる

を挙げているので一つ一つ見ていきましょう。

 


1.生命の復権

引用 /////////////////////////////////////////////////////////
 民衆生活の場にこそ究極の真理がある。池田会長の信念はそこにある。してみれば、池田会長の本質は、知識人というより民衆=生活者である点に求められよう。池田会長の多面的活動は、孤高の高みを目指す営みなどではなく、「生命」「生活」という原点の全体性に生き抜いた証しなのではあるまいか。会長は、生命の全体性に徹する仏教者として、また縁起の理を体現する生活者として、知性であれ、理性であれ、感情であれ、あらゆる精神活動を自在に生かすべく、多彩な活動を行ってきたわけである。池田会長の活動の多面性は、ひとえに生命の全体性への信仰に生き抜き、常に民衆と共に歩んだ必然の結果であると言ってよい。言論の上からだけでなく、自らの活動を通しても、池田会長は「生命の復権」を唱えてやまないのである。(中略)
 創価思想で「生命力」の増強による全人性の回復を唱えるのは、この意味からである。
/////////////////////////////////////////////////////////

 要は生命力の発揮するところにより、生活を良くしていくことをいうのであろう。しかし、今、当サイトへの学会員の相談者の多くは、精神的、身体的、経済的、人間関係など何かしらの悩みを長年抱えている状況にある。
 例えば、学会ドクター部が開院する精神科医院などは学会員の通院で、大変な混雑を極めていると聞く。心が病んでいれば、生活全般に影響が出てくる。
なぜ、創価学会の信仰で改善できないのかをよくよく幹部は考えるべきである。それが、会員奉仕の組織ではなかろうか。
 「生命の復権」といったところで、池田大作は現在、車椅子生活であると親族が口にしている。10年近くも幹部会に出席できないでいるのに、幹部に「池田先生はお元気」とウソを言わせることは、池田自身の思想に反する行為ではないのか。


2.自由自在の主体性

引用 /////////////////////////////////////////////////////////
人類が自由自在の主体性に目覚めるためには、理性よりも直観の質を高めるべきだと、池田会長は強調する。フランスの美術史家R ・ユイグとの対談では「人間の進歩は理性によるのではなく、理性を操作する直観の深化とその質的向上による」(『池田大作全集』第五巻、三七一頁)と述べている。ここに言う「直観」とは全生命的な直観であろう。すなわち仏教的な直観、生命の全体性から発する直観である。そのように直観の質を高めていけば、新たな「智慧の文明」が創出されるであろう。
池田会長は、理性でなく智慧こそが真実の人間の主体性である、と訴えてやまない。

/////////////////////////////////////////////////////////

「直観の質を高める」といっても、いったいどのようにすれば確実に高められるというのか。
我々、凡夫がそのような不確実な直観を頼りにして生活すれば、間違いが起きるのは必然である。
大聖人の弟子を名乗るなら仏の金言を守るべきで、池田の直観はまったく当てにならない。自らの直観も同様である。池田の指導が、時が経つと180度変わるのも、その都度、「直観」をたよりに口にしてきたということになろう。
 また、官僚化された
創価学会の組織は絶対的な服従主義となっており、個人の主体性、考えなどは許されないということを、会員自身が実感しているはずである。


3.すべてを生かす

引用 /////////////////////////////////////////////////////////
 生命の全体性から出発し、自由自在の主体性を発揮する。その時、人間は「すべてを生かす」ことができると、池田会長は考える。
 自由自在な智慧の人は、何の執着も持っていない。
自分に執着せず、他人に執着しない。そして、執着しないことにも執着しない。とにかく一つのものにこだわらない。だから、決定的な対立を招かない。結局、すべてを生かすのである。「すべてを生かす」という池田思想の実践的指針は、仏教の基本思想である無執着の教えを現代的に表現したものである。
/////////////////////////////////////////////////////////

 池田大作の執着心は数十年経っても変わらない旨を、側近幹部から指摘されたきたことがある。執着心を持っていないなどとは全く考えられない。
 その証拠として
池田の言行録「社長会記録」では、金儲けの指南に終始していることでわかるはずだ。
 また、宗門批判を30年に渡り続けていることは、「決定的な対立を招かない」とは真逆だ。
 結論すれば、「すべてを生かす」は意味不明でしかない。




4.変化の信仰

引用 /////////////////////////////////////////////////////////
 どんな人間も無限の可能性を持ち、よりよく変化していけると、池田会長は信じて疑わない。私は、これを「変化の信仰」と呼ぶ。(中略)
 「変化の信仰」は、一切衆生の成仏を祈り願う、大乗仏教の精神そのものなのである。池田思想の人間革命論は、この大乗的精神を受け継いだ上で、さらに社会変革と世界平和まで視野に入れた、ダイナミックで包括的な実践哲学と言い得る。

/////////////////////////////////////////////////////////


随分、立派な言葉を並べているのだが、

ダミー画像

池田大作は、
「広宣流布の同志を裏切った者の大罪を、厳然と天下に公表したい。(略)宗門の悪侶、学会の反逆者を書き連ね、その罪科を、血涙をもって後世に残したい。永久追放の証としたい。このことを私は、きょう宣言しておく。(拍手)」(1994.9.2 聖教新聞)


と指導しており、活動家へもそれは徹底されてきた。一切衆生を救う大乗仏教の精神とは真逆ではないか。
 つまり、
池田の思想は表裏があるということか?
 または、
善人の池田大作とそうではない池田大作の二人がいるのであろうか?



5.智慧に生きる

引用 /////////////////////////////////////////////////////////
池田会長は、半世紀以上も前から「個人の幸福と社会の繁栄の一致」という理想社会のヴィジョンを掲げ、その実現に挑戦する立場を鮮明にしてきた。
/////////////////////////////////////////////////////////


 学会の組織構造は、同じ会員でも「儲かる職員」「職員に奉仕する会員」に分けられる。
 職員の給料のため、無償で聖教新聞を売りに歩かせることは平等な関係ではない。職員自ら勧誘に歩けばいいことではないか。
 学会組織は、
〝職員が高給を得るため個人が犠牲になる〟と言われても仕方がないであろう。そうであれば、職員幹部の「悪知恵」でしかない。




結論
 
宗教とは切り離し「池田思想」だけを学ぶだけなら問題ない。それを大聖人の仏法に不可欠の教えとして結びつけることは一層の罪障を積むことになる。もっとも、池田の教えはコロコロと変わるので、あてにならない。池田の発言に不変性はないのにもかかわらず、「永遠の師」と位置付ける執行部は悩乱の極みといってよいだろう。

大聖人御指南
「玄の三に云はく『文証無き者は悉く是邪偽にして彼の外道に同じ』文。」(『真言見聞』)
経文に明らかならんを用ひよ文証無からんをば捨てよとなり。」
(『聖愚問答抄』)


「池田思想」を通して「大聖人の仏法」が正しく修行できると錯覚していませんか?

だとしたら、それは文証もない、仏の教えに違背する「池田教」を信じていることになるのです。




書籍紹介ほか

動画で見るトピックス

◆参院選・東京選挙区に学会員が立候補!!
【YouTubeを見る
◆除名された学会員登場

学会情報を読む

  • 「黒い手帖」裁判全記録

    AAA社画像

  • 司法に断罪された創価学会

    AAA社画像

    学会員には知らされない、司法で断罪された事例の数々。

  • 創価学会秘史

    AAA社画像

    創価学会が封印した真実の歴史。

  • パナマ文書に
    SOKA GAKKAI, INC.

    宗教法人が租税回避地に謎の法人設立!?

このページの先頭へ