創価学会の構造

 創価学会は教義変更を重ねたことから、それに伴い学会本部への不信感が加速している。会員の数は激変していないが、青年部活動家の激減、高齢化で大崩壊へ秒読みが始まっているといってよい。
 そこで、現創価学会の事情を会員にも認識していただくべく、簡単にまとめてみたので、一読いただこう。



実態はまるで、宗教ビジネス


大聖人、池田名誉会長の利用とは

➡戒壇の大御本尊否定にはじまる教義改変では、永遠の指導者・池田名誉会長の了解を得たとする物的証拠を見せられない状況がつづいていること。

➡在家の身である学会の会長が、恐れ多くも御本仏が御図顕された大御本尊を否定し、会長が本尊の成否を認定すると公言したこと。

➡御書根本と掲げながら、御書に従わないこと。


会員の皆様は、まだ創価学会についていくのですか?






書籍紹介ほか

学会情報を読む

  • 「黒い手帖」裁判全記録

    AAA社画像

  • 司法に断罪された創価学会

    AAA社画像

    学会員には知らされない、司法で断罪された事例の数々。

  • 創価学会秘史

    AAA社画像

    創価学会が封印した真実の歴史。

  • パナマ文書に
    SOKA GAKKAI, INC.

    宗教法人が租税回避地に謎の法人設立!?

このページの先頭へ