正しさ証明できない創価学会

 創価学会は「唯一正しく日蓮大聖人の仏法を信仰する教団」 を主張しているが、その理由として、「大聖人の仏法を弘教している」くらいのものである。それが、正しい信仰であるなら、弘教を行っている日蓮正宗も顕正会も正しいことになる。実際のところ、未だ学会本部は、学会のみが正しいということを文証をもって証明できない状態にある。
 そこで、大聖人の仏法を正しく信仰する条件とは何なのかを整理しておこう。


大聖人の御遺命に背く創価学会

大聖人の仏法を正しく信仰するために残された大聖人の御遺命

1.戒壇の大御本尊を信仰すること。


2.血脈相承の御法主猊下に随順すること。


『日蓮一期弘法付嘱書』
日蓮一期の弘法、白蓮阿闍梨日興に之を付嘱す、本門弘通の大導師たるべきなり。国主此の法を立てらるれば、富士山に本門寺の戒壇を建立せらるべきなり。時を待つべきのみ。事の戒法と謂ふは是なり。就中我が門弟等此の状を守るべきなり

『身延山付嘱書』
「釈尊五十年の説法、白蓮阿闍梨日興に相承す。身延山久遠寺の別当たるべきなり。背く在家出家共の輩は非法の衆たるべきなり

『百六箇抄』
「上首己下並びに末弟等異論無く尽未来際に至るまで、予が存日の如く、日興が嫡々付法の上人を以て総貫首と仰ぐべき者なり


戒壇の大御本尊が根本であることを示した文証


『日蓮一期弘法付嘱書』
「国主此の法を立てらるれば、富士山に本門寺の戒壇を建立せらるべきなり

『三大秘法抄』
「王臣一同に本門の三秘密の法を持ちて、有徳王・覚徳比丘の其の乃往を末法濁悪の未来に移さん時、勅宣並びに御教書を申し下して、霊山浄土に似たらん最勝の地を尋ねて戒壇を建立すべき者か。時を待つべきのみ。事の戒法と申すは是なり

『百六箇抄』
「下種の弘通戒壇実勝の本迹 三箇の秘法建立の勝地は富士山本門寺の本堂なり

日興が嫡々相承の曼荼羅を以て本堂の正本尊と為すべきなり

『日興跡条々事』
「一、日興が身に宛て給はる所の弘安二年の大御本尊は、日目に之を相伝す。本門寺に懸け奉るべし。









邪教化進む創価学会

◎創価学会は2014年に戒壇の大御本尊を信仰することを放棄

◎また、学会は信徒時代に、日顕上人の御相承を認めていたが、破門されるや手のひらを返し、その相承を否定し「ニセ法主」などと誹謗しだした。まったく信用ならない教団であることを暴露したと同然である。
 以上のように、創価学会は日蓮大聖人の御遺命に背く大謗法の集団であることが証明された。
 現在の創価学会が大聖人の教えに適っている唯一の教団であるためには、「血脈が断絶したことを想定した御指南」を残されていなければならないが、そういった文証は存在しない。
 「魂の独立」「宗門とは無関係」と言いながら、破門より30年を経てもなお宗門の御本尊を拝むことはまさに悩乱状態に陥っている状況である。
 「SGIが世界に弘まっている」と言ったところで、池田思想、池田大作の名を弘めているのであり、その中で大聖人の仏法を都合よく利用しているに過ぎない。

 


書籍紹介ほか

動画で見るトピックス

◆参院選・東京選挙区に学会員が立候補!!
【YouTubeを見る
◆除名された学会員登場

学会情報を読む

  • 「黒い手帖」裁判全記録

    AAA社画像

  • 創価学会の“変貌”

    AAA社画像

    2014年以来の「創価学会の“変貌”」を、綿密な分析データで読み解いていく。

  • 創価学会秘史

    AAA社画像

    創価学会が封印した真実の歴史。

  • パナマ文書に
    SOKA GAKKAI, INC.

    宗教法人が租税回避地に謎の法人設立!?

このページの先頭へ