戸田会長の本尊観とは

 創価学会は、破門後、本尊観をそれまでと変えてきたが、原田会長の代にして、これまでとは全く矛盾するものに変更した。あらためて、学会員のために、戸田会長の本尊観をまとめておきます。


1.大御本尊とその他の御本尊関係

戸田会長

ダミー画像

 御本尊様は一つしかありませんが、無量義経に分身散体というのがあります。この分身散体の法というのは、創価学会を除いて日本広しといえども絶対に説いておりません。分身散体の分け方により種々分けられますが、すべて一閻浮提の御本尊に帰一するのです。(戸田城聖全集第4巻)



原田会長が戸田会長の本尊観を否定!!

ダミー画像

 ある場所に特定の戒壇があり、そこに安置する御本尊が根本の御本尊で、その他の御本尊はそれにつながらなければ力有が発揮されないという、あたかも〝電源と端子〟の関係であるかのような本尊観は、世界広宣流布が事実の上で伸展している現在と将来において、かえって世界広布を疎外するものとなりかねないのであります。
(平成26年11月8日付 聖教新聞)






2.祈りと御本尊の関係


ダミー画像

 われわれが信心すれば、日蓮大聖人様の所有の根本の力が、われわれの生命に感応して湧いてくるのです。(戸田城聖全集2)
 御法主上人猊下をとおして大御本尊を拝しますれば、かならず功徳がでてくる(戸田城聖全集第4巻 )




破門後

御本尊を根本と拝して題目を唱えていくことです。その信行に仏界のリズムが具わり、大宇宙の仏界と共鳴して、偉大な功徳を得ていけるのです。
(平成10年9月号 大白蓮華)


創価学会諸氏
祈りは、宇宙の仏界と境智冥合することではありません!!






書籍紹介ほか

学会情報を読む

  • 「黒い手帖」裁判全記録

    AAA社画像

  • 司法に断罪された創価学会

    AAA社画像

    学会員には知らされない、司法で断罪された事例の数々。

  • 創価学会秘史

    AAA社画像

    創価学会が封印した真実の歴史。

  • パナマ文書に
    SOKA GAKKAI, INC.

    宗教法人が租税回避地に謎の法人設立!?

このページの先頭へ