池田大作語録の検証


池田氏の本意はどちら?
 池田名誉会長は無数の出版物において、数々の名言を残してきた。しかし、実際にはその言動とは真逆の事態になっていることが否めない。「学会指導は現場では正反対」などを口にする会員が少なくない現状があるが、ここでは、池田指導の検証をおこなってみたい。




「今の政治家は、やれ勲章を貰うとか、金をとるとか、また有名人は利己主義になって、自分の名だけ売って、金儲けをするとか、めちゃくちゃな世界であります。(中略) 私ども創価学会員は、位もいらない、名前もいらない、有名でなくともよい、大臣もいらない、また権力もいらない」(『聖教新聞』昭和38年8月3日付)

「名誉や地位に幻惑され、虚栄や権威にとらわれ、信心を失っては断じてならぬ。これは、蜃気楼のごとくはかなく、根無し草のごとく移ろいやすく、砂上の楼閣のごとく、もろくも崩壊し去るからである。」(指導要言集)


「( ※〝ノーベル賞をもらえるでしょう〟 と激励され) そのような栄誉はほしくもありません。また、くださるといっても、受けることもありませんそのような人間が世界に一人くらい、いてもよいでしょう」(昭和42年10月13日のクーデンホーフ伯との対談)

「私が教わったのは帝王学だ。 私は最高権力者になる。そのときには 創価学会を解散してもいい 」(『現代』 昭和45年7月号)

「アルゼンチンから五月の大十字勲章をもらったが、これで七つ目である。これが妙法である。信心です。たった五ヵ月の間に三つの勲章(コロンビア、ブラジル)をもらった。(中略)五ヵ月間に世界の勲章を三つもらえる人は、これまで1人もいなかった。議員でも何でもない私なのにだ。」(平成2年5月3日)

2006年10月 聖教「名誉学術称号200受賞記念特別号」発行

2018年1月4日 聖教トップで「世界から800の名誉市民称号」と報道





(=学会は)平和主義であり、文化主義であり、教育主義です。その根底は人間主義です。(新人間革命 第20巻「懸け橋」)

広宣流布の師匠には、すべての民衆を救っていこうという地涌の菩薩の大生命が、脈動している。(新人間革命 第24巻「灯台」)

「全員が勝つと強く決めていけ!勝つか負けるか。 やられたらやり返せ 。 世間などなんだ! なんでもいいから、言い返すんだ。こわがったりしてはいけない。 怒鳴っていけばいいんだ!(中略) 反逆者には「この野郎、馬鹿野郎」でいいんだ! 」 平成元年3月12日 埼玉指導

「広宣流布の同志を裏切った者の大罪を、厳然と天下に公表したい。(略)宗門の悪侶、学会の反逆者を書き連ね、その罪科を、血涙をもって後世に残したい。
永久追放の証としたい。このことを私は、きょう宣言しておく。(拍手)」(1994.9.2 聖教新聞)

議員の裏切りは断じて許せない。坊主についても同じである。永遠に許してはならない(平成11年2 月3日 池田大作全集第90巻)



これでは、どちらを信じたらいいのか会員は迷ってしまう。本人の口からハッキリさせた方がいいのではないだろうか。

参考までに 平和提言の実態





おなかが空くから、ご飯がおいしい。月給が安くて生活が大変だから、昇給すれば幸福を感じる。大変さのなかにこそ、喜びがあるんです。成仏というのは、なんの悩みもなく、大金を持ち、大邸宅に住むことではありません。 (新人間革命 第22巻「命宝」)

実際は、池田名誉会長自身が毎年、数億円の報酬を懐にし、学会職員もまた高給を得ている。





信心の世界、仏道修行の世界は、一流企業の社長であろうが、高級官僚であろうが、大学教授であろうが、あるいは、学会の最高幹部であろうが、皆、平等なんです。(新人間革命 第27巻「激闘」)

学会における役職は、この指導とは真逆であること会員は感じている。






横柄であったり、礼儀を欠いた馴れ馴れしい態度や言葉遣いは、厳に慎まなくてはならない。そういう言動は、自分が愚かで軽率であることを、公言しているようなものです。(『新人間革命』第17巻「緑野」)



「サンフランシスコの皆さん、今回は関西の交流団がお世話になりました、と、お世辞を使っておいた方が、広布基金がたくさん取れることを、私は声を小さくして申し上げておきます。」 平成5年 1月25日

「私は世界に出ていって評価を高めるんですから、日本では何をいわれてもいいんです。 証人喚問だってなんともないんです。 だって私は、何も悪いことしていないんだから」 (平成6年 9月14日) 
⇒ 実際は、参考人として国会には秋谷会長が行った。






相談を受けた内容を他言しては、絶対にならないということを銘記していただきたい。特に、宗教者には守秘義務があります。万が一にも、相談を受けた話が漏れるようなことがあれば、それは、学会全体への不信となり、仏法のうえから見ても、結果的に、広宣流布を破壊する重罪となります。(『新人間革命』(第27巻「激闘」)

学会本部での電話や直接の相談は、記録がとられているとのこと。中にはその内容を組織に漏らされたという会員もいる。ましてや、現場での個人情報はダダ漏れであることを会員が訴えている。この現実を池田名誉会長は知っているのだろうか。





先輩が一人ひとりのメンバーを“宝”のごとく思い、全精魂を傾け、大誠実をもって、守り、励まし、育んでいくところに、学会の強さ、美しさがある。(第7巻「早春」)


現在では、話し合いもろくにせず、除名が横行している。



書籍紹介ほか

動画で見るトピックス

◆参院選・東京選挙区に学会員が立候補!!
【YouTubeを見る
◆除名された学会員登場

学会情報を読む

  • 『乱脈経理』

    AAA社画像

    創価学会VS.国税庁の暗闘ドキュメント。知られざる学会経理の実態が見えてきた。

  • 創価学会の“変貌”

    AAA社画像

    2014年以来の「創価学会の“変貌”」を、綿密な分析データで読み解いていく。

  • 池田大作と宮本顕治:
    「創共協定」誕生の舞台裏

    AAA社画像

    対立関係にあった両者が手を結んだ。「創共協定」誕生と破綻の舞台裏をさぐる。

  • 創価学会秘史

    AAA社画像

    創価学会が封印した真実の歴史。

  • パナマ文書に
    SOKA GAKKAI, INC.

    宗教法人が租税回避地に謎の法人設立!?

このページの先頭へ