平成31年/令和1年

2019.1.26
第44回SGIの日記念提言
軍縮は国連の創設以来の主要課題であり、私自身にとっても、35年以上にわたる毎年の提言で中核をなすテーマとして何度も論じてきた分野であります。」(池田大作)
自公政権では、武器輸出を推進する「防衛装備庁」を平成27年に創設。軍拡に向かわしめた。
2019.3.11
ローマ教皇庁主催の国際会議に学会代表が出席(聖教)
2019.5.10
5.3本部幹部会
永石婦人部長「お元気な池田先生・奥さまと共に、新しい時代を晴れやかに前進できる感謝と喜びでいっぱいです。」
原田会長「貧乏人と病人と言われた人たちとともに、私はここまでやってきました。権力にもよらず。財力にもよらず(※かつての池田会長の言葉を紹介)」(聖教 5.10付)
現在の創価学会は、長年信仰していても病人、低所得者が多い。また、金と権力の虜となっている。
2019.8.23
聖教 異様な池田写真を掲載
8月9日の長野研修道場を訪れた池田氏はそばで会員が拍手をしている中、違う方向を向き無表情でカートで移動しているが掲載された。
2019.7.21
参院選 公明票100万票減
2019.8.5
竹岡青年部長「この時期になると日顕宗(日蓮正宗)の坊主は「僧侶が拝まなければ故人は成仏できない」などのおどし、だましで供養集めに血眼になりますが、そんなことは御書のどこにも書かれていない全くの邪義です。」(聖教幹部座談会)
おどした僧侶と被害者はいったい誰なのか証明すべき。
2019.9.6
原田会長「聖教新聞は折伏の鉄砲である。営業では決してない」と戸田会長の指導を引用。
昔の聖教は全ページが信仰を教える記事だったが、今は大量の広告と一般記事が半分を占め利益追求の新聞となっている。
2019.9.13
どこまでも、正義を叫び切っていく。真実を語りに語り抜いていく。ここに私たちの折伏精神もある。広宣流布は、永遠不退の闘争であり、信念の言論戦なのである。」(聖教 池田発言)
こう発言しながら「人間革命」を改ざんしている。
2019.9.28
聖教「学会活動こそ成仏の直道」
「日蓮大聖人の御遺命であるの広宣流布を具体的に進める創価学会は、仏意仏勅の和合僧団であり、最高の善知識の集いである。」
学会本部が決めた活動は大聖人の仏法と無関係。
2019.10.3
聖教「会館内でサングラス姿の池田近影写真を掲載」
9月28日世界聖教会館を訪れたとされる池田夫妻が同室内での写真が掲載された。
2019.11.12
財務に勝る大善・大功徳はない
「学会が推進する供養、財務は、すべて日蓮大聖人の御遺命である広宣流布のためのものである。大聖人の立てられた大願を成就するために行う供養は、御本仏への供養に通じよう。ならば、これに勝る供養もなければ、大善もない。ゆえに、これに勝る大功徳もないはずである。」(聖教新聞 御書に学ぶ御供養の精神)
大聖人の御遺命とは戒壇の大御本尊を信仰し、代々の御法主猊下の御指南に随順すること。
2019.11.18
原田会長再任
世界聖教会館(聖教新聞新社屋)が開館
2019.11.21
聖教「創価の師弟の祈りは必ず成就」
2019.11.25
原田会長「当時、115力国・地域だった創価の連帯は、今や192 力国・地域に発展。一方、宗門の信徒数は往時の2%にまで激減し、その後も衰亡し続けています。」
西方男子部長「宗門は、その池田先生の偉大な平和行動と、学会の大発展に嫉妬していました。」(聖教幹部座談会)
あたかも宗門が当時より減り続けているかのようなデマ発言。また、池田大作に嫉妬しているという根拠を出すべき。
2019.11.28
聖教「未曽有の世界広布新時代が到来」(社説)と報道
2019.12.3
公明党幹部「総理が逃げ勝った」発言
桜を見る会における招待者名簿破棄問題に安倍総理が答え、それを見て自民議員は「うまく逃げ切った」公明幹部は「野党は弱い。首相が逃げ勝った」と発言。 (西日本新聞)





書籍紹介ほか

動画で見るトピックス

◆参院選・東京選挙区に学会員が立候補!!
【YouTubeを見る
◆除名された学会員登場

学会情報を読む

  • 「黒い手帖」裁判全記録

    AAA社画像

  • 創価学会の“変貌”

    AAA社画像

    2014年以来の「創価学会の“変貌”」を、綿密な分析データで読み解いていく。

  • 宗教問題 28:検証、「池田大作の平和主義」

    AAA社画像

    果たして創価学会・公明党は本当に変質しているのか、そして池田大作氏の平和主義とは、そもそもどのようなものであったのか。

  • 創価学会秘史

    AAA社画像

    創価学会が封印した真実の歴史。

  • パナマ文書に
    SOKA GAKKAI, INC.

    宗教法人が租税回避地に謎の法人設立!?

このページの先頭へ