戸田会長遺言集

戸田会長が弟子に託した遺言集



●『いざという時は本山を譲れ。大石寺へ駆けつけよ』

昭和三十三年三月十六日、戸田先生は総本山に学会青年部の結集を命じ、広宣流布の儀式を伝授されました。そのとき、全国から馳せ参じた青年幹部に「一朝有事の際は学会青年部がこのようにして本山を護るのだ」と遺言されました。 (昭和33年3月16日 「池田創価学会を解散させよ」龍年光著)

●『敵は内部だ』 ※学会のことを指す
宿坊に引き揚げ、横になっておられる先生の枕元に行き、「先生、これから先は、学会は何を敵として戦えばいいんですか」と問うた。すると先生は、すっくと体を起こして、「いいことを聞いてくれた。敵は内部だ。敵は内部だ」と繰り返しいわれた。 (昭和33年3月1日 「池田創価学会を解散させよ」龍年光著)

●次期会長について『それはお前たちで決めよ』

(昭和33年3月 日 「池田創価学会を解散させよ」龍年光著)

●『創価学会は、いつつぶれてもいいのである』
昭和30年 小樽問答の後、日淳上人に対し奉り『創価学会は、いつつぶれてもいいのである。しかし、宗門だけは絶対につぶしてはいけない。宗門のための創価学会である』(平成4年4月1日付『大白法』)

●『いつでも解散をお命じください』
昭和31年 「将来、もし学会が大きくなって、宗門に圧力をかけたり、あるいは内政干渉をするよう なことがあったら、いつでも解散をお命じください。」(岡山妙霑寺落慶入仏式)

●『あとは学会がなくったっていい』
昭和32年 妻・幾さんに 「もう、全部できたから、あとは学会がなくったっていい」 「あとは、お寺さんが永久に続いていけばいい」


書籍紹介ほか

学会情報を読む

  • 実名告発 創価学会

    AAA社画像

    「平和」を掲げてきた創価学会はなぜ変質したのか――。 学会本部の中枢から排除された3人の元青年職員が、「愛する創価のため」権威主義化した本部を徹底糾弾。
    第1章 安保法制容認は名誉会長の意思とは真逆だ
    第2章 幹部職員のありえない官僚化・権威化を暴く
    第3章 意見する人間を徹底排除する本部執行部
    第4章 同志と共に「正義の闘い」に挑み続ける
    第5章 『週刊金曜日』編集部が著者に聞く創価学会への疑問

  • 司法に断罪された創価学会

    AAA社画像

    学会員には知らされない、司法で断罪された事例の数々。

  • しつこい勧誘・訪問に

    AAA社画像

    脱会届を送った後に、近所の会員からの訪問をシャットアウトしたいとお考えの方に!1枚なら無料でお届けします。

  • パナマ文書に
    SOKA GAKKAI, INC.

    宗教法人が租税回避地に謎の法人設立?

  • 公明大臣が核兵器利用容認

    安倍内閣は
    「憲法9条は一切の核兵器の保有および使用を禁止しているわけではない」
    と核兵器容認を決定した!

このページの先頭へ